ヒプノセラピーとは

 

簡単に言うと、誘導(言葉がけ)をすることによって催眠状態に導き、リラックス状態や集中力を高め、自分の内側(潜在意識)の旅をする中で、自らが問題を解決していくことをサポートするものです。

 

催眠状態とは

人間の意識は、顕在意識と潜在意識に分かれていると言われています。

顕在意識…私たちが通常自覚できる意識の事。意図的な思考、行動を司る領域です。

潜在意識…自覚できない意識の事。顕在意識の9倍とも言われる領域を占め、実は顕在意識よりも強い力を持っています。「思わず~してしまった」「気がつくと~していた」「なぜか~と感じた」というような行動や情動反応は、潜在意識のなせる技と言えるでしょう。


催眠状態とは、この顕在意識潜在意識の両方がリンクした状態を指します。

顕在意識が完全に休んでしまっているわけではないので、催眠状態に入っても『意識』はずっとあり、意思も判断力もあります。意識を失って、やりたくないことをやらされてしまったり、言いたくないことを言ってしまったり...、というようなことはありませんよ。

この催眠状態のことを、心理学では、変性意識状態またはトランス(trance)状態と呼んでいます。

実は、私たちは1日に何回も、自然とこの状態になっていると言われているんです。


例えば、テレビのドラマやスポーツ番組などを見ている時、ゲームにのめり込んでいる時などがそうです。あなたはまるでそのドラマやゲームで主役を演じているような気分になることはありませんか?催眠状態というのは、そんな深い熱中の結果生じた意識状態であって、人工的な眠りというような、特殊なものではありません。読書などの趣味をしていて、気がついたら何時間も時間が経っていて驚いた、なんていう時も、一種の催眠状態にかかっている時なのです。

心理的効果…リラックスした状態になることで不必要な抵抗がなくなり、普段よりも自分の内面に意識が集中します。それにより、潜在意識の奥底に押し込めていた記憶や感情を思い出しやすくなります。また、肯定的な暗示を受け入れやすい状態になっています。

生理的効果…リラクセーション効果があるので、交感神経と副交感神経のバランスが整い、自律神経系の調整機能や自己免疫機能を正常化する作用があると言われています。



期待できる効果

  • トラウマの解消
  • ネガティブな思考や習慣の改善
  • 人間関係の悩みの改善
  • モチベーションの向上
  • 自信の回復
  • ストレス軽減
  • 身体の痛みの軽減
  • 集中力の向上
  • ダイエット
  • 創造性開発
  • 自己理解の深化と自己成長


※以下の方はご利用いただけません

  1. 明らかな精神疾患をお持ちの方
  2. 非現実的な内容や効果を期待する方

 


na-chu-labo では・・・

na-chu-labo では、この催眠誘導とNLPの技法の融合により、より深い心の探求を通して、『摂食障害』からの克服を目指します。

 

かつての私自身もそうでしたが、摂食障害になってしまう人は、実は自分の感情を素直に感じたり、その感じた感情を相手に素直に伝えることが、出来ていない事が非常に多いのです。本人は、わがままを言っているつもりでも、実は肝心なことは口に出せていない。または、ネガティブな感情を感じたことを、無かったかのようにして振舞ってしまうのです。

 

それは、もしかしたら、今のあなたは『昔すぎてさほど気にしていない』と思い込んでいた出来事、または、忘れてしまっている過去の出来事が、原因になっているのかもしれません。

 

催眠誘導によって、あなたの心の奥深く、潜在意識にアクセスすることは、その根付いてしまった悪い癖、もとい、あなたの摂食障害の原因としての鍵となる部分に、安全にアプローチしていける1つの手段となりえます。